壁に花

フランスの街並みフランスの景色

南フランスの小さな町、ユゼス。フランスの古い街並みと花

こんにちは。ODOLE DESIGN のチハルです。 ここ数ヶ月の怒涛の忙しさがようやくすこし落ち着いたので、やっとブログを更新できるー。やったー。 ブログを更新するスキもなく、デザインしっぱなしの日々でした。それはそれで、ありがたい。新しい制作事例は主にインスタグラムで更新してます。よかったらフォローしてください! こんな感じで随時アップしてます。 ほかにも少しずつ更新してます。よかったらフォローしてください。https://www.instagram.com/odoledesign/ さて、デザインの話はここまでにして、ここからは私が住んでいる南フランスの小さな町ユゼスを写真で紹介しようと思います。 こんな場所でデザインが生まれてるのか〜と思いながら、パラパラっと眺めてください。または、デザインとかどうでもいいからフランスの景色が見たいんだよ!と思いながらでも。読んでもらえるなら嬉しいです。 フランスの街並み – 花のある風景編 ユゼスは南フランスにある小さな街。オクシタニー地域圏(Occitanie)にあります。気づきました!? Occitanie・・・そう、日本にもある、あのコスメブランド「ロクシタン(L’Occitane)」のオクシタニー(Occitanie)です! 冠詞のLが付いて、ロクシタンになってます。 ユゼスはそんな場所にある田舎の小さな街です。街全体がきれいに手入れされていて、ヨーロッパの古い街並みを散歩するにはオススメの街です。 古い街並みに溶け込む緑や花が、その風景が、とってもいい感じ!なのです。 ほら! 奥の方にちょっとだけ三角の屋根が見えるのは、侯爵邸。フランス語で「Le Duche d’Uzes」。侯爵が住んでるお城です。 これは4月に撮った写真。この季節には、この濃いピンクの花をいろんな場所で見かけます。「セイヨウハナズオウ」という名前らしい。日本であまり見かけない花だなぁと思ったら、ウィキペディアによると「南欧から西南アジアにかけて自生する」と書いてありました。 はい!そして私の大好物、壁に花!!! こういう風に民家の壁にもっさりと花が咲いている光景が大好きなのです。 テンション上がるー!笑 玄関や窓に花が飾られている、壁に緑がもっさりしてる。好き! そして、この、ベランダからはみ出してる花シリーズ!これも大好きなのです。ここは服屋で、下には大きな植木鉢に植えられたオリーブの木。めっちゃフランスっぽい。南仏っぽい。 このね、ベランダの柵もとてもフランスっぽいですよね。 今日は花のある景色シリーズで写真を選んだけど、まだまだ紹介したい風景はたっくさんあります。もっと街の様子が伝わる写真とか。デザインブログの箸休め的な感じで、たまにフランスの景色も紹介していきますねー!